2014/03/14

#11 (?,?) 道明寺の謎

ブログ係のBです。

「私、雪かき得意だしー」
と、2月8日以降、
毎日毎日雪かきをしまくりました。
6メッツです!毎日6メッツです!
(「メッツ」については、当ブログの#3をご覧ください)

いい運動になりました。
が、ついに腰を痛めました。
すると、当然、超・運動不足状態に陥ります。
結局、ふとりました、食欲は変わらなくて。

それはさておき、「道明寺(どうみょうじ)」です。つまり桜餅(さくらもち)です。
3月と言えば、ひな祭り・・・・・・は、もう過ぎてしまいましたが、
3月と言えば、引っ越し。

引っ越しと桜餅!

実は、これは、
この時期、日本各地で人々を驚愕させる大問題となっているのです。

というわけで、
「じゃっかん怠惰な栄養ニュース」こと、



  ちっとも健康じゃないけど 健康ニュース 


ーーの11回目は、
「道明寺の謎」
です。

私は、甘いものが嫌いという便利な体質なのですが、
でも「桜餅」は好きなんです。

その昔、関東地方に越して来て、姉と浴室付きの2Kを借り、そこに浴室はあるけど浴槽は付いていなかったので、二人でお風呂屋さんに行ったその帰り道、「桜餅」を売っているお店を発見。
大喜びで買って帰り、二人で「にんまり」と見つめると、
なんか違う。
食べてみると、全然違う。

つまりそれは、故郷の「桜餅」とは別物の、関東地方の「桜餅」であったのですが、
「何、これーっ!こんなの桜餅じゃないっ!嘘つきーっ!」
と、衝撃は大きかったのでした。

「何、これーっ!」なんて、関東地方ネイティブの方にとっては、きっと聞き捨てならない台詞でしょう。
が、たとえばお握りだと思って食べたものが実はパンだったら、とっても変な味のぱさぱさした物体と感じてしまって、「何、これーっ!」となるわけです。

私は「桜餅」への思いを封印しました。

しかし数年後、私は「私の桜餅」と遭遇したのです。
「桜餅」ではなくて「道明寺」と呼ばれていました。

「京都に居る時にゃ 桜餅と呼ばれたの~ ♪ 」に、ハマや東京のお店では、
「道明寺」と呼ばれ、それでも、さがしてくれるのを待っていた・・・・・・に違いない「私の桜餅」。
感涙・・・。

詳しく知ったのは、インターネットの時代になってからですが、御存知の方は御存知の通り、
関西の桜餅は道明寺粉を使い、桜色のおむすび風(「俵握り〈たわらにぎり〉」っぽい)。
関東の桜餅は小麦粉を使い、餡(あん)をはさんだ桜色のクレープロール風。こちらは、またの名を「長命寺(ちょうめいじ)」。

共に歴史があるのですが、見た目は、関東の長命寺の方がモダンです。
下の写真は、モダンではないほうの道明寺。

で、どちらがよりおいしいのか。
まーそれは好みの問題で、人それぞれでしょう。

(とは言え、知人等に聞いてみた限りでは、意見は完全に一致)



http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/okasi/sakuramoti.html
 
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/okasi/sakuramoti.html
 勿論この☝葉っぱごと、かぶりついております。
葉っぱの塩味と甘味とのコラボがたまりません。
 
但し、桜餅のこの桜の葉は、ウィキペディアによれば、あまり食べ過ぎないほうがよいそうです。
(ウィキペディアの「桜餅」のページに、詳しい説明が載っています)

両桜餅の地域分布は、おおざっぱに言うと、東日本の桜餅がクレープロール風の長命寺、西日本が道明寺。
なのですが、北海道だって道明寺、とか、東北地方にも一部、道明寺エリアが、とか、かなり込み入っているみたいで、これから引っ越し、という方には、ウィキペディアで詳しくチェックしておくことをお勧めします。

とは言え、ここ関東地方では、道明寺なら、今ではスーパーでも時々見かけます。
なんか・・・、勝ってない?道明寺-。


ーーと、その道は明るそうな道明寺であるのですが、
今年、ついに、事件がっ !!!

いえ、単に個人的な事件なんですけど、
先日、道明寺を頂いちゃって、
「ひ、久し振りだわ~~ 。゜(゜´Д`゜)゜。」と、感激しながら1日1個ずつ、2日で食べたら、
出たんです、
ふ、吹き出物がっ !!
そ、それも、年くってからはほとんど経験したことのないすごいやつ。

そ、そんなばかな!
今まで一度も、一度に2個食っちゃっても、吹き出物なんて、出たことなかったのに。

実は私は、毎日毎日おんなじものを食べていて全然平気なので、毎日毎日おんなじものを食べています。
食べ物が原因なら、道明寺しかあり得ません。
便秘とか食べ過ぎとか体調不良とかで肌荒れはおこしますが、まぁたいてい、そうひどいことにはならないし・・・。

あ、そー言えば・・・、
確か20代の後半くらいから、お餅を食べると吹き出物が・・・・・・。

友人の話では、
「お餅、食べると、吹き出物が出る人って、いるわよー」。

そ、そーだったのか、と、あまり深く考えずに、以後、餅はやめたのですが、
餅・・・ ?!

道明寺は道明寺粉を使います。
もち米ではないはずです。
でも、道明寺粉って何?

生まれて初めて調べて見ました。
岩波国語辞典第四版(←ちょっと古い)の「道明寺」の項。
「(前略)もち米をふかして干したもの(後略)

あ、もち米だったのね。

・・・・・・って、
見りゃわかるだろーーっっ !!!


 
とは思うんですけど、いつも食べるのに没頭しちゃって・・・。

でも、まだ謎が。
なんでもち米で吹き出物が・・・・・・??
そもそも、犯人は本当にもち米だったのでしょうか??

ネットであれこれ調べてみると、答えは、
「わからない」
でした。

もち米でにきびや吹き出物が~、とか、もち米がにきびを悪化させる、とか、そういう説は昔からあったようです。
でも、どうもはっきりしません。

おもち、と言うと、ついつい食べ過ぎてしまうので、ひたすらもちばっかり食いまくって、食い過ぎと栄養の偏り(かたより)とで、肌が荒れた、という可能性が、私の場合なら、あります。

もち米の成分は、ほとんどが、炭水化物である「でんぷん」。
「でんぷん」は「糖質」の一種で、「糖質」と「食物繊維」とをまとめて「炭水化物」と呼ぶ、のだそうです。
普通のお米、つまり「うるち米」も、成分のほとんどがでんぷんですが、そのでんぷんの中身が、もち米とはちょっと違っています。

うるち米の場合、もちもち感のもとである「アミロペクチン」が約8割、ぱらぱら感のもとである「アミロース」が約2割。
もち米では、やはり「もち」ですから、もちもち感の「アミロペクチン」が10割です。全部です。
この「アミロペクチン」が吹き出物悪化事件の犯人では ?!?
と言われています。

でも、普通のお米にも、8割とは言え、アミロペクチンが。
コシヒカリとか、人気銘柄ともなると、8.5割弱とか、ますます増えます。
それどころか、低アミロース米(つまり高アミロペクチン米)というお米だってあり、うるち米は、おいしさを追求するうえで、低アミロース化(つまり高アミロペクチン化)を目指しているみたいです。

アミロペクチンの問題としては、
アミロースよりも消化が早く、その分、血糖値上昇のスピードがあがってしまう、
というのがあります。
血糖値上昇のスピードが上がるのと、吹き出物との関係は、やはりよくわかりません。

が、吹き出物がどーのこーのと言うよりも、
そもそも血糖値の急上昇がまずい。
この前、ラジオでも言っていました。
「食事は、まず、繊維質の多い野菜から。
次にたんぱく質。ご飯は最後に。
血糖値の上昇を抑えることができる上に、ダイエットにだって効果的!」

桜餅で言うと、
まず葉っぱを食べます(←野菜でしょ?)、
次に餡(あん)(←たんぱく質も入ってるし)、
最後に餅部です。

これを私は試してみる気はありません。

でも、そー言えば、この前、道明寺を食べたのは、食後の別腹デザートとして。
正しい食べ方です。
が、カロリーオーバーではあったかも。


というわけで、やはり、結局、よくわかりませんでした。

最近は「糖の吸収を抑えるお茶」というものもあるそうです。
そういうお茶を飲みながら、桜餅・・・・・・。

あ、悪くないかも。

いちおう、実験してみようと思っております。
  1. 道明寺でまた吹き出物が出るのか
  2. では、トクホなお茶といっしょに食したらどーなるのか

でも、トクホって高いからなー・・・。
おまけに、今、太り気味だし・・・・・・。


(2014.7  すみません。実験は 、できておりません、その後、顔にまた妙な吹き出物が出たり、逆に「こ、このかさつきは何?!」というのまであって、以後、皮膚科通いの日々です。どうやら「年のせい」のようです・・・(。・・。) )

  
----------------------------------------------------------------------

このブログは ☟ 所属のブログです。

簡単!栄養andカロリー計算