2014/04/03

#12 (~`'~) ブロッコリーは はげに効くのかっ ?!?

効くみたいです。
はげにも薄毛にも。

効くのはブロッコリーのスプラウト(新芽)なのですが、何しろ、
毛乳頭細胞の分裂を促進し、遺伝子を活性化する
とのことですので
男性のみならず女性にも効く!

というわけで、「怠惰な栄養ニュース」こと、

「あぁ ちっとも健康じゃないけど 健康ニュース」

の12回目は・・・、




ーーではなくて、
「ブロッコリーは はげに効くのかっ ?!?
です。

まずはプレスリリースをご覧ください。

PRESS RELEASE      2014年2月3日

で、これが・・・・・・・・・  
「『ブロッコリースプラウトエキスによる育毛作用』の研究成果」の
発表の場である「日本薬学会 第134年会」のポスター(部分)なのですが、
         で、これが・・・・・・・・・ ☟
「『ブロッコリースプラウトエキスによる育毛作用』の研究成果」の発表の場である
「日本薬学会 第134年会」のポスター(部分)なのですが、

                               「黒髪」に注目

なぜに「黒髪」!?!
いえ、「たまたま」なのでしょうけれど、期待は、いやがうえにも、つのります。

それはともかく、「スプラウト(新芽)」と言えば、
まずは「もやし」(←緑豆、大豆等のスプラウト)で、
次が「かいわれ」(←大根のスプラウト)ですが、
そもそもスプラウトは、総じて栄養価が高い。

もやしなんて、その栄養のコストパフォーマンスがものすごーく高い、
という、ありがたーいお野菜です。
ゆでる時は、ささっと、ダッシュで、素早くゆでてください。
せっかくお得に含まれているビタミン等を流失させてしまっては、ありがたみも薄れます。

かいわれは、もやしよりは値段がちょっと高いものの、栄養価はもっとすごい。
基本、生食だし。  「グラムのわかる写真館 かいわれ」

で、そのもっと上を行くのが、ブロッコリーのスプラウト!
何しろ「抗がん作用がある」と言われています。
それだけでもすごいのに、はげや薄毛にも効くなんて!

あぁ、きっと、毎日食べればしっかり健康になって髪までふさふさにっ!
・・・・・・なるのでしょーか。

それが、どーも、食べて効くのかどうか、そこのところははっきりしないみたいなのです。

だいいち、素人考えでは、こうなります。
(以下、素人考え)

  1. 食べて効くのなら、毛乳頭細胞って体中にあるんだし、 じゃ体毛にも効いちゃうわけで、 それはちょっと困る。 男性はそんなに困らないのかも知れないけど、女性は困ります。
  2. ブロッコリースプラウトのサプリって、もうあるんですけど、のんでいる方、毛、はえてます?(実は、はえてたりして)
  3. 「がん予防」ということで、アメリカではこのスプラウトが人気の野菜なんですけど、アメリカの皆様、毛、はえてます?(実は、はえてたりして)

2.と3.に該当する方達が、全く気付いていないまま、
実は、はえていた」りする可能性は残るものの、今のところは、
「ブロッコリースプラウトのエキスを元にした育毛剤」の発売を待て、
ということになっているのだろう、と思います。

ところで、10年ほど前の話ですが、近所のおばあさんに、
「あなた、髪が多くていいわね-」と、しみじみと言われ、
「はぁ・・・、どーも・・・」と、その時は、ほめられているのかけなされているのか、どっちなのかよくわからず、そもそもなんでそんなことを言ってくるのか理解不能で、「変なのー」と思ったのですが、最近になって、やっと、よくわかりました。

何しろ、久しぶりに会った知人が、こう言ったのです。
「か、髪が薄くなったね!」

年を取ると、女でも、髪が薄くなる!
薄くならない人もいるけど、見渡したところ、薄くなってる人の方が多い!

ということを、今頃になって、初めて知りました。

で、でも、若い時から頭皮ケアにも気を遣い、トリートメントして枝毛ケアをして、絶対ぬかりなかったはずなのに~~~。゜(゜´Д`゜)゜。。。。

『麗子像』という、岸田劉生作の有名な絵がありますが(←ちょっと怖い)、あの絵を見るに付け、怖いどころか、今では、しみじみと、こう思います。
「髪が多くていいわねー」。

ところで、上のほうのカットで「ブロッコリー嫌い」を公言している方は、第41代アメリカ大統領のブッシュ氏(第43代大統領ジョージ・ブッシュ氏のパパ)・・・・・・、と思ってください、似てなくても

アメリカでは、
「とっても体にいいんだから、お食べなさいねー。食べるのよー。おい、食べろと言ってるだろーが、このがきゃあっ!」
と、親が子供にブロッコリーを強制してしまうことが、ままあるそうで、ブッシュ元大統領もこうおっしゃっています。

" I do not like broccoli
and I haven't liked it since I was a little kid
and my mother made me eat it.
And I'm President of the United States
and I'm not going to eat any more broccoli "

大統領の箴言(しんげん)・・・・・・、
いえ、至言(しげん←「いかにも正しいところを言いあてた言葉」岩波国語辞典第四版)として、当時、日本でも話題となりました。

とは言え、ビタミンCやBやカロテンが豊富なブロッコリーは、確実に、とても体によい野菜で、そのがん予防効果は野菜の中でも最上級クラス。
とくに「スルフォラファン」という含有物質が、がんの発生を抑えると言われています。

で、勿論、ブロッコリースプラウトはもっとすごくて、このスルフォラファンの含有量が、なんと、ブロッコリーの10倍!
ものによっては、それ以上!

もうこうなったら、ブロッコリースプラウトが、食べてもはげには効かなかったとしても、それを信じて食べまくっているお宅のお父さんやご主人や彼には、どんどん食べてもらって、どんどんはげましてあげてください。
とくに発芽3日目がおすすめ。


余談ですが、
スルフォラファンに関しては、
「スプラウトなら、含有量が10倍!」と言っても、
つまり「グラムあたりの含有量が10倍」ということになるわけで、
大体100円前後というあのパック入りブロ・スプの、
見るからに軽そうなあの姿を思えば、
重さのあるブロッコリーのほうをある程度食べていれば、
結構そこそことれちゃうんじゃない、スルフォラファン、とは思います。

ただし、ブロッコリーの場合は、スルフォラファンが流失してしまわないよう、要注意。

最近は、スルフォラファンの量が2.5~3倍になっている、というハイスペック(?)な「機能性ブロッコリー」もあり。
デパート等で売っていて、当然、高いのですが、ブッシュ元大統領の子供時代にこのブロッコリーがあれば、皿の上に載る量も、高いから、三分の一くらいになっていたでしょうし、でもスルフォラファンはちゃんととれたし、きっと、あそこまでの「ブロッコリー嫌い」にはならずに済んでいただろう、と思います。


---------------------------------------------------------------------

このブログは ☟ 所属のブログです。

簡単!栄養andカロリー計算